新年度がスタートしました。

仙台市議会は2月9日から3月10日までの会期で、平成29年第1回定例会がおこなわれました。
予算等審査特別委員会では、市民費で公認プール整備の検討状況、2020東京オリンピック・パラリンピックのイタリアホストタウンについて、経済費で、クラウドファンディング事業の取り組みについて、日頃ご相談をいただいている点や、復興の加速に向けてとの思いで質問いたしました。

東日本大震災から6年という月日の流れの中で、震災の記憶が徐々に薄れてきている感が否めませんが、言うまでもなく、決して忘れてはならないものであり、今後の防災の具体的な取り組みに生かし、更なる安全安心、また、後世に、震災の記憶や復旧・復興の過程で得られた知見を、いかに伝えていくかが極めて重要と考えています。震災遺構となる旧仙台市立荒浜小学校のオープン、海岸公園のフルオープン、集団移転跡地利活用等これから行われていきますが、しっかり見守っていきたいと思います。また、「心の復興」の問題は、本当にこれからが正念場であり、特に子どもの問題が表面化してくるのではと思っています。

決意を新たにし、立党の精神である「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」を肝に銘じ、全力で取り組んでまいります。

皆様のご指導ご鞭撻を何卒宜しくお願い申し上げます。
平成29年4月1日
嶋中 貴志













2017/08/23 挨拶廻り中、市民相談
2017/08/07 生活環境調査
2017/08/03 仙台泉ヶ岳トレイルラン2017 横川コース復活後の提案
2017/07/10 市民相談
2017/07/04 生活環境調査








 | HOME | プロフィール | 政策 | 活動ブログ | リンク |


Copyrights(C) 嶋中貴志事務所 All Rights Reserved.